歯を白くしたいなら!ホワイトニング歯磨き粉ランキング3選

以前は、歯磨き粉は虫歯予防のためと思っていましたが、今は違います。

歯磨きしながら、歯を白くしたいという思いがありますし、実際、そういう効果を謳ったホワイトニングの歯磨き粉が売ってます。

効果があるないは別にして、そりゃ期待するってものでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉選びと注意点

ホワイトニング歯磨きをどうやって選ぶ?

いくつか比較項目を挙げておきましょう。

研磨剤のメリットとデメリットをどう考えるか

歯磨き粉には研磨剤が入っているものと入っていないものがあります。

研磨剤は、エナメル質に付着した汚れや着色を落とすことを目的にしたものですが、メリットとデメリットがあります。

歯の表現や着色を削るので、汚れを取り除く力が強かったり、歯が白くなったりというメリットがありますね。

デメリットとしては、研磨剤というくらいですから、エナメル質を削ることで、歯の表面が傷つきやすくなったり、着色しやすくなったりすることもあります。

長所と短所があるのは言うまでもありませんが、自分の歯に合うかどうかが大事なのでしょう。

私にはやはり研磨剤は合わないようです。

研磨剤なしでどうやって汚れと着色を落とす?

研磨剤が、歯についた汚れや着色を落として歯を白くしてくれるのは分かりますが、では、研磨剤が入っていない場合、どうやって、汚れを落としたり、歯を白くしたりできるのでしょうか?

最近は、削るのではなく、吸着して落とすタイプが人気のようです。

ホワイトニング歯磨き粉は人気で選ぶ

たくさんのホワイトニング歯磨き粉を見てきましたが、入っている成分があまりにも多すぎて、どれがベストなのか分かりかねます。

「ハイドロキシアパタイト」にしても「フッ素」にしても、賛否あります。

それも専門家のような方でも意見が分かれることもあります。

そうなると、私は何を信じて選べばいいのか。

そうなってくると、私はレビューや口コミ、価格などで比較して決めようかなと。

いくら、調べても分からないんですもの。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニング通販

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴は、「汚れを浮かせて、はがして、落とす」ってこと。


↑薬用ちゅらトゥースホワイトニング公式はこちらをタップ↑